本文へスキップ

社会福祉法人 浪江町社会福祉協議会です。

はぐくみ号外



平成28年12月28日

 浪江町社会福祉協議会の第2回、第3回理事会及び第2回評議員会が開催され、定款の改正(案)やそれに付随する諸規定改正(案)などについて話し合われました。


平成28年12月21日

 株式会社丸や運送 鈴木取締役をはじめ役員の方々が来所され、丸やグループ社員の皆様からの義援金をいただきました。


平成28年11月28日

 千葉県匝瑳市飯高地区社会福祉協議会の役員の皆様が研修のために来所され、
その冒頭で飯高地区の皆さまからの支援金をいただきました。

支援金交付の様子


研修の様子


こちらの記事もご覧ください

平成28年11月16日〜平成28年11月17日

 老人クラブ連合会会長会女性部会合同研修旅行が実施されました。
 初日は「第20回福島県高齢者芸能発表大会」を観覧し、出演した老人クラブ会員の応援をし、翌日は「天鏡閣」「野口英世記念館」などの観光名所の見学をするなど、旅行を楽しみました。

こちらの記事もご覧ください

福島県高齢者芸能発表大会の様子@


福島県高齢者芸能発表大会の様子A


福島県高齢者芸能発表大会出演者


懇親会の様子@


懇親会の様子A


懇親会の様子B


懇親会の様子C


天鏡閣見学@


天鏡閣見学A


野口英世記念館見学@


野口英世記念館見学A


集合写真


平成28年10月18日

二本松市安達文化ホールにて第42回浪江町高齢者福祉大会が開催されました。
県内外から300名が参加され、式典では高齢者福祉の充実、向上に功績があった方々への表彰で2団体及び8名の方が受賞、そして県の1クラブ5名会員加入増強老人クラブ顕彰で4団体が受賞し、また、結婚50周年を記念し17組のご夫婦にしあわせ金婚夫婦の表彰などが行われました。
また、午後には浪江町民による歌と踊りのアトラクションが行われ、出演者の熱の入った演技に会場は大いに盛り上がりました。

こちらの記事もご覧ください


高齢者福祉大会長(浪江町社会福祉協議会長)の挨拶


老人クラブ功労者の表彰@


老人クラブ功労者の表彰A


1クラブ5名会員加入増強老人クラブ顕彰


金婚夫婦表彰


受賞者代表挨拶


大会宣言


アトラクションの様子@


アトラクションの様子A


アトラクションの様子B


アトラクションの様子C


アトラクションの様子D


アトラクションの様子E


アトラクションの様子F


アトラクションの様子G


アトラクションの様子H


アトラクションの様子I


アトラクションの記事について→こちらもご覧ください

平成28年 6月23日


二本松市城山総合体育館にて高齢者スポーツ大会が開催され、県内から200名参加し、クロリティやスカットボールなどおなじみの競技を楽しんだり、今回初となる仮装大賞では様々なキャラクターに扮した参加者の姿に歓声や笑い声が巻き起こり、梅雨の天候を吹き飛ばすかのように大いに盛り上がりました。
こちらの記事もご覧ください。

大会の様子1


大会の様子2


大会の様子3


大会の様子4

大会の様子5


大会の様子6


大会の様子7


大会の様子8


大会の様子9


大会の様子10


大会の様子11


大会の様子12


平成28年 5月24日


浪江町社会福祉協議会の第1回理事・評議員会が開催され、平成28年度の事業報告及び収支決算などについて話し合われました。


平成28年  3月25日


 浪江町社会福祉協議会の第4回理事会、第3回評議員会が開催され、平成28年度の事業計画及び予算などについて話し合われました。

こちらの記事もご覧ください

平成27年12月22日

株式会社丸や運送 総務部の鈴木部長が来所され、丸やグループ社員の皆様からの義援金をいただきました。


こちらの記事もご覧ください

平成27年11月13日

 赤い羽根共同募金の助成を受け、車いす同乗車輛を新たに配備をしました。


平成27年11月11日〜平成27年11月12日

 老人クラブ連合会会長会女性部会合同研修旅行が実施されました。
 会場となったスパリゾートハワイアンズにて、放射線医学総合研究所の笠井医学博士や、消費者庁の大浦担当官を招き、食と放射能に関する説明会を受け、身近に存在する放射性物質や人体への影響、国の対策等を学びました。
 研修後は懇親会を開き、会員同士互いの近況を確かめ合いながら交流を深めました。

研修の様子@


研修の様子A


研修の様子B


懇親会の様子



平成27年10月15日

 会津若松市の會津風雅堂にて第69回福島県社会福祉大会が開催され、浪江町民生委員協議会から7名の方が知事感謝を受賞されました。



平成27年10月8日

 二本松市安達文化ホールにて第41回浪江町高齢者福祉大会が開催されました。
県内外から300名が参加され、式典では高齢者福祉の充実、向上に功績があった方々への表彰があり、2団体及び6名の方が受賞されました。また、結婚50周年を記念し34組のご夫婦にしあわせ金婚夫婦の表彰などが行われました。
 また、午後には浪江町民による歌と踊りのアトラクションが行われ、出演者の熱の入った演技に会場は大いに盛り上がりました。

こちらの記事もご覧ください

高齢者福祉大会長(浪江町社会福祉協議会長)の挨拶


老人クラブ功労者の表彰@


老人クラブ功労者の表彰A


受賞者代表挨拶


大会宣言


アトラクションの様子@


アトラクションの様子A


アトラクションの様子B


アトラクションの様子C


アトラクションの様子D


アトラクションの様子E


アトラクションの様子F


アトラクションの様子G


アトラクションの様子H


平成27年10月6日

 世界宗教者平和会議(WCRP)日本委員会事務局の鈴木様が来所され、
浪江町老人クラブ連合会の活動支援金として助成金をいただきました。

こちらの記事もご覧ください




平成27年 7月31日

 日本共産党福島県委員会の久保田委員長が来所され、日本共産党大阪府議会議員 宮原 威 様からの義援金をいただきました。
こちらの記事もご覧ください



平成27年 6月23日

 二本松市城山第2体育館にて高齢者スポーツ大会が開催され、県内から150名参加し、旧交を温めつつ熱戦を繰り広げました。
こちらの記事もご覧ください。

開式の様子1


開式の様子2



開式の様子3


競技の様子1(ボール送りリレー)


競技の様子2(クロリティ)


競技の様子3(キンボール転がし)


競技の様子4(ビーンボウリング)


競技の様子5(スカットボール)


競技の様子6(タオルリレー)

競技の様子7(ブタ追い競争)


競技の様子8(紅白玉入れ)


表彰の様子


集合写真


平成27年 5月29日

浪江町社会福祉協議会の第1回理事・評議員会が開催され、平成26年度の事業報告及び収支決算などについて話し合われました。
こちらの記事もご覧ください。



平成27年 4月23日

 浪江町老人クラブ連合会の総会が開催され、平成26年度の事業報告、収支決算報告、平成27年度の事業計画、収支予算案の審議及び役員改選が行われました。
新役員は以下のとおり。
藤  橋 会長 藤田 保正
樋渡牛渡 副会長 牛渡 喜一郎
権現堂2 女性部長
(副会長兼務)
大泉 郁子
権現堂2 理事 阿部 文夫
川添 理事 牛来 照雄
理事 山田 靖夫
下立野 理事 山田 康夫
田尻 理事 原中 一夫
下津島 理事 渡辺 敏
権現堂4 監事 田河 テル子
大  堀 監事 陶 富治
津  島 監事 池田 良則

こちらの記事もご覧ください。

会場の様子(町長にご臨席いただきました)


集合写真(総会終了後撮影)


平成27年  3月26日


 浪江町社会福祉協議会の第3回理事会、第2回評議員会が開催され、平成27年度の事業計画及び予算などについて話し合われました。
こちらの記事もご覧ください。



平成27年 3月13日
 
 日本財団様より福祉車両の助成をいただき、ヘルパー車としてホンダNーGWNが
納車されました。

こちらの記事もご覧ください。


平成26年 12月11日〜12月12日

 老人クラブ連合会会長会女性部会合同研修旅行が実施されました。
 初日はホテルリステル猪苗代にて会議と懇親会が行われ、2日目は会津市内観光を
 してまわりました。
 久しぶりの再会に参加者全員笑顔で旧交を温めました。
 →こちらの記事もご覧ください。

 会議の様子(福島県老人クラブ連合会事務局長様にご臨席いただきました)



懇親会の様子



会津市内観光(会津酒造歴史館)



集合写真(リステル猪苗代1Fロビーにて撮影)



平成26年 10月8日

二本松安達文化ホールにて震災後初の高齢者福祉大会が執り行われました。
県内外の避難先から約300人出席し、式典では高齢者福祉の充実、向上に功績があった17名の方々への表彰、また、結婚50周年を記念し26組のご夫婦にしあわせ金婚夫婦の表彰などが行われました。

●高齢者福祉大会長挨拶、受賞者代表挨拶の原文をご紹介します。

高齢者福祉大会長(浪江町社会福祉協議会長)の挨拶


「安達太良山の稜線がくっきり見える好季、ここに浪江町高齢者福祉大会を多くのご来賓を迎え、四年ぶりに開催できますこと大変嬉しく感慨深いものがございます。ここに改めてご来賓の皆様のご臨席に感謝申し上げますと共に老人クラブ会員が一堂に会することに御礼申し上げます。
 また、本日は長年高齢者福祉にご尽力頂きました十七名の方々の表彰と風雪に耐えてご結婚五十周年の節目のおしどり夫婦に福島民報社より栄えある表彰に浴される方々に心よりお祝い申し上げます。
 皆様のご結婚当時は、新幹線の開通、東京オリンピック開催に象徴されるように高度経済成長が始まり、所謂「ものの豊かさを追求」する時代でもありました。歌謡曲では「お座敷小唄」、ファッションは「アイビールック」など流行、テレビ・洗濯機・冷蔵庫の三種の神器が低価格技術開発された時でもありました。
 改めて皆様に敬意を表したいと存じます。
 さて、浪江町は、今尚、未曽有の災害と原発事故により全ての町民が故郷を追われ、過酷な広域的避難を強いられており、復興復旧は思うように進まず、スタートラインに立たされたままの状況にあります。
 しかし何所に住んでいても「浪江町民」のもと、ひとり一人の暮らしの再建と故郷再生・創建のため、強力に推進してまいりますので、更なるご理解とご支援をお願い致します。
 特に皆様には、人生の中で養ってこられた知識や技能、生活の知恵を生かし、この難局を乗り切るため貢献されますよう、改めてお願い申し上げます。
 最後に、朝晩めっきり冷え込む季節となりました。皆様には、ご健康にご留意されご精進下さるよう御祈り申し上げ御挨拶とします。」


受賞者代表挨拶(秋元 洋久氏

「本日このよき日に浪江町高齢者福祉大会の開催にあたり、多くのご来賓のご臨席のもと、身にあまる数々の表彰をいただき、ご祝辞を賜りましたこと誠にありがたく衷心より厚く御礼申し上げます。
 高齢者福祉大会受賞者の方々には、各地区においてそれぞれの立場で芸能・文化・スポーツレクリエーションなどを通して、地域の交流や高齢者の健康福祉の維持増進のために長年に亙り精一杯尽力され、またここ三年半余りに及ぶ避難生活の中にあっては、そのご苦労は心身ともに非常に大きいものがあったことでしょう。その功績による本日の受賞であり敬賀の至りに存じます。
 私ども二十六組の金婚式受賞者にとりましては振り返れば昭和三十九年は、高度経済成長のあとで、東京オリンピックが開催され、東海道新幹線や高速道路が開通し、三種の神器と言われた白黒テレビ・電気洗濯機・冷蔵庫が一般家庭に普及した時でした。
 ともに白髪の生えるまで仲むつましくというあの時の誓詞には反して山あり谷ありの半世紀でしたが多くの皆様のご支援をいただきどうにか今日に至りました。
 現在、避難生活の中にあっても各方面からの物心両面に亙り絶大なるご援助をいただいておりますこと、誠にありがたく感謝の日々を送っております。
 先日、福島市に転居された方からの葉書に次のような和歌が記されておりました。
 
 「古里(さと)を追われ涙も涸れて金婚に善は細やか祝いも些少(わずか)」

 浪江町への帰還の見通しはまだ不透明な状況ですが、本日そろって表彰されたことは誠に意義深く、この上ない喜びです。
 受賞者一同になり代わり、改めて御礼を申し上げます。
 本日は思う存分旧交を温め、勇気と活力をいただいて帰りたいと存じます。
 結びにご臨席の皆様方の益々のご健康とご活躍をご祈念申し上げまして御礼のことばといたします。」





お問合せ社会福祉法人 浪江町社会福祉協議会

浪江事務所
〒979-1513
浪江町大字幾世橋字芋頭5-2
TEL 0240-34-4685
FAX 0240-35-5555

二本松事務所
〒964-0984
二本松市北トロミ520
TEL 0243-62-0877
FAX 0243-23-7970
mail:namie.shakyo01@gmail.com

newpage6.htmlへのリンク